福岡県筑紫野市二日市の

当サロンの特徴

当サロンでの足つぼは反射区やつぼ(経穴)を使って今感じている症状に対して行うケアです。

皆さんにもっと足つぼの効果を知ってもらうために日々精進してます。

実際、足つぼは反射区やつぼの効果がわかると、自分でのケアができるところも魅力的なところです。

1日24時間のうちに少しでも自分の足に触れることで自分の体調の変化や状態が気になると思います。

そこで症状が軽減しなかったり、より症状が悪化するようであれば早めの専門機関への受診をお勧めします。

私も20年以上いろんな方を診てきて慢性的な症状で悩んでいる方はたくさんいました。

でも足つぼをすることで症状が軽減することも増えてきました。

私の足つぼの仕方は反射区で体の不調をみつけて、後はその症状に合わせたつぼや季節による効果的なつぼを押圧して施術していきます。

例えば冬の時季で足が浮腫む方は東洋医学的の【腎】の働きが弱くなるので反射区で体の不調を探しながら、内くるぶしの周辺にある腎の働きを助けるつぼも刺激していきます。

その後も浮腫みに効果的な反射区とつぼも刺激して軽減を目指していきます。

それでも浮腫みが残る時はうつ伏せになってもらい、ふくらはぎをしっかりともみほぐしていきます。

それと季節問わずに感じる症状は冷えとストレスによる自律神経の不調があります。

夏場の暑い時は冷房での冷え、季節の変わり目で血流が滞ることでの冷え、年中冷えで悩んでいる方もいます。

自律神経も同じで気温の変化とストレスのかかり方で左右されます。

そんな方は足裏に症状がでて硬くなっていたり、足裏の色が変わってきます。

目安として足裏の硬さと色が変わってくると症状の軽減がみられます。

皆さんの足つぼのイメージで『痛い=悪い所』だけではなく、痛みを感じなくても悪くなっている事もあります。

確かに硬いと痛みを強く感じてイメージで通り悪い所と思いがちですが=じゃなく痛いだけではなく冷たく感じたり、火照り感じる所も悪くなっています。

なのでそのイメージを変えられるように足つぼの効果を紹介していきます。

足つぼを受けた事がない方はまずは自分の足を触って押圧してみましょう。

反射区やつぼを気にせずにもみほぐすようにすると、それだけでも何となく軽く感じると思います。

私の刺激する強さも痛気持ちいい程度で押圧していきます。

イメージで痛いから足つぼを受けるのを嫌がる方も多いと思いますが、当サロンは痛みは個人差があるので痛すぎるのは逆に悪い事も引き起こしてしまうのでその人の強さに合わせた施術していきますので安心してください。

利用された方からはこのような声も頂いています

※個人の感想です。